芸術とスポーツ

フィギュアスケートは芸術的な面とスポーツとしての面があって、人によってさまざまな見方になってしまいますね。
興味のない人の演技だととくになんとも思わず、思い入れがある選手だと応援して肩入れしてしまう。
とくに女子フィギュアスケートはロシアが異次元すぎて、せっかくの全日本選手権でもレベルが低すぎてとてもつまらなかったです。
ジュニアがまざっているにしても、面白みに欠けました。
失敗が多かったというのもあるけれど、前情報では大技合戦になるってことだったのに蓋をあけたら回避の荒し。
自分のコンディションももちろんあるんだろうけど、練習はしているのなら挑戦しなければ仕方がないでしょう。
トリプルアクセルが決まるか決まらないかでは世界では入賞もできないようになりましたからね。

コメントは受け付けていません。