千葉で起きた台風被害

千葉で起きた台風被害は当初よりかなり大きいですよね。
県が用意していた非常用の発電機は信号機を動かすために半分は使われたが、市町村向けに6台、その他の250台は倉庫に置かれたままだったそうです。
市町村から要請があれば貸し出す。
市町村が用意していた発電機で足りていた可能性がありますよね。
いやいやいや。
それは絶対、市町村が要請をすることを知らなかったということですよね。
役所の人も被災者だから仕事どころではないでしょう。
信号機に設置した発電機が多数盗まれているという報道もあります。
また、発電機を盗んだ疑いで捕まった人もいるます。
電気がなくて困っている人はもっとたくさんいたのに。
今回の対応はひとごとではないです。

コメントは受け付けていません。