司書子さんとタンテイさん

「司書子さんとタンテイさん」冬木洋子さん原作の小説を読みました。
一人称の本は久しぶりでした。
ラノベじゃないのに、ラノベのような軽いタッチの話しでしたね。
司書子さんは司書をしている、しょうこが主人公です。
人が死ぬような事件ではなく日常的な謎、くらいの話しが好きなのでこの本を選んでみました。
でも、このしょうこの純粋で可愛い感じのキャラクターが読んでいて、イラッとしたので駄目でした。
奥さんがいるゼミの教授に片思いをしていたのが最初で最後、もちろん告白すらしない。
同性から見ても可愛らしい彼女の一人称だと疲れてしまいました。
好意を寄せるタンテイさんもたいした推理力もないみたいですし、楽しめませんでした。