天気と痛みを記入する

気圧が変わった瞬間に薬を飲むと、天気が悪いときに具合が悪くなるのを防げます。
耳の奥にある内耳の神経を大人しくさせるためにはやはり薬が有効的です。
車に乗るために飲む人は車に乗る30分前に酔い止め薬を飲みましょう。
耳がつまった感じ、めまい、耳鳴り、眠気と人それぞれ違うので、予兆を自覚するのは難しいようです。
痛み日記をつけると天気と痛みを記入すると天気と痛みがどう連動しているか自分で分かります。
天気予報を見るだけで痛みがなくなることもある。
天気通はストレス、慢性痛。
事前に天気の悪さが予測できるのでストレスが減らされる。
天気がよくなれば自分の痛みが長くつづくわけではないと分かるからです。
心と痛みは直結するので気の持ちようですね。