転職をするといっていた彼女は・・

3年勤めた会社。
彼女と私は、同じ会社で働いていました。
同期と言うこともあって、仲良くしていましたし長期の休暇には二人で旅行にもいきました。
それが何を思ったのか、彼女が急に転職をしたいとい始めて、それを言ったと同時くらいに会社を辞めてしまったのです。
あまりにも急なことで、私も動揺しましたが意外にも本人はまったく余裕な感じでした。
そして半月後、連絡が来たのです。
「ちょっと気晴らしに海外にいってくるね」と。
転職活動をする前に、海外で気晴らしをしてきて心機一転頑張るという彼女でした。
それから彼女のことが気になりながらも、私は私で日々目の前の仕事をこなしていきました。
彼女はといえば、転職することもなく・・海外旅行で知り合った男性と結婚をしてしまいました。
転職をすると意気込んでいた彼女でしたが、こうして結婚をしてしまって驚きましたが、それはそれで彼女が幸せならいいのではないかと思いますね。
こうして私の中で彼女という人物が、あまりにも素敵に見えてしまった瞬間でした。
そしてその男の仕事を聞いたんですが。ヘルプデスクというIT系の職種でした。
確かに自分とは違う畑だし余計魅力的に見えたのかもしれませんがなんとも言えない悲しさがあります。

秘密があると大変かも?

夫婦の中で相方が亡くなった場合、今の時代はデーターをどうしていいのかわからないということが起きます。
片方がネットを使いデジタル機器を使う反面、もう片方はその種は苦手である・・・となると余計に悩ましいでしょうね。
有料のアカウントなど。
ネットバンキングはとくに家族が知らない場合が多いようです。
死後に知らない口座があったのは一年後とか。
みつからない口座がある場合は?
FXや先物取引は、最悪の場合に負債を抱えてしまうことがある。
遺産相続後にネット口座に負債があった場合。
相続処理をしてしまったので放棄できないとなると、金銭的に非常に困ることになる。
家族で内緒でやっているとき急死なんてことになると亡くなっただけでも悲しいのにそのあとに厳しい現実があると誰もが困りますね。