家族の認知症

認知症患者への家族の負担は大きいというのはわかりますよね。
若年性の認知症だったとしたら本当に大変です。
家族の認知症が心配になったらという注意点があります。
遠くに住んでいる場合は、前からよくつくる懐かしい料理をリクエストしてみる。
料理のリクエストを忘れていないかというチェックではなく、料理の味です。
料理というのは複雑な作業の積み重ねで急に味が変わる場合は要注意。
大好きな趣味の話しを聞いてみる
ゴルフの場合はスコアが数えられなくなる、そうすると人に迷惑がかかり急に止めてしまう。
何かが急に変わった場合は認知症の可能性を少しでも疑ってみる
歩きながらしりとり
前二つの言葉を言ったうえで、自分の番の答えを足して答えていくのです。