動脈りゅうを疑う

胸部…しわがれ声・・発生のときに動脈の裏側を通って下まで行ってまた動脈の裏を通って声帯に行くので違和感がある。
飲み込みにくい、呼吸が苦しい・・コブが大きくなれば食道を圧迫する。
腹部…左右に分岐するのがおへそのところなのでそこらへんにコブができているのが確認できる
ただし、触診はやせている人じゃないと分からない。
ステントグラフトの特徴
開腹をしないため、切るところも小さいので術後の回復が早い
計画的に治療ができる
破裂のときの手術だと大変な中で緊急手術になります。
しかし事前に手術の計画的に慎重に治療ができるということですね。
しかし長年使うと取り換える必要ができてしまうこともあります。
ステントグラフトがひっかかっている血管にまた動脈りゅうができる可能性もあるからです。
30代や40代の場合はステントグラフトよりも人口血管を選ぶ方が良いときもある。