高血糖が引き金

アルツハイマー病になる人とならない人の差は高血糖が引き金になるとされています。
インスリンは脳にたまったアミロイドベーダをそこから除外してくれる役割がります。
細胞の外に出たアミロイドベーダとインスリン分解酵素。
食べたあとに急激に血糖値が高くなるのが長くなると認知機能を悪化させるとされています。
脳の掃除をしてくれるものがなくなるのが、アルツハイマー病の発症と関係があるわけです。
糖尿病でない人でも急激な血糖値の上昇が認知症につながります。
だから糖尿病じゃないから安心といことはないのです。
インスリンを壊すことだけに面倒をみると、アミロイドベーダを分解できなくなります。
それで認知症になってしまうのです。