発声機能の指標

自分の声帯が今どうなっているかご存知ですか?
どんな状態か調べる方法があります。
発声機能の指標
可能な限り息を吸って、可能な限り声を出してみましょう。
声の大きさは関係なく10秒間同じ音が出せれば大丈夫です。
衰えてしまった声帯は鍛えなおすことができます。
発生に必要な筋肉を鍛えましょう。
鍛えることができればよくなるというのはやりがいがありますよね。
発声機能拡張訓練、声のエレベーター訓練、自分の声の出せる範囲の声域
一番上から一番下まで上下動させましょう。
途切れないように一定に出すことが必要です。
ちょっと恥ずかしいですが(笑)二往復を毎日二回、四週間続けると声帯の筋力がアップします。
どんな運動でもなんでも続けることが大切です。