日々犯罪者と戦い

交通違反のバイクを警察が追いかける。
テレビでもこの手の映像は何回もみたことがあります。
あまり深入りすると二次被害いなる場合もあるのでやむなく中止したり、警察の方々は日々犯罪者と戦っています。
埼玉県であったパトカーが追跡バイクを轢いてしまったこと。
これはどうして接触したのかにもよりますよ。
犯罪者だから車で轢いていいということにはもちろんなりません。
しかし状況だって重要です。
今回の場合もそこが不明ですがバイクに乗車している人が負傷。
それを巡査部長は隠匿してしまいました。
相手の交通違反を見逃してこの事故もなかったことにする。
ばれないわけなないですよね。
ばれなかったとしてもバイクの人に脅されることだって考えられますよ。
またパトカーに同乗していた巡査は犯人隠匿容疑です。
上司の犯罪を告発する、しかも両方が警察官です。
巡査も犯罪に巻き込まれたようなものですよ。
もちろん、罪を隠したのが悪いことはわかっていますが、なんだか気の毒です。