ガンになりやすい条件

ガンになりやすい条件を抱え込んできた人類ですが治療も進化しています。
FASががんの増殖にかかわっているそうです。
FASがガン細胞の脂肪酸をつくらなければ、増殖を抑えられると考えられています。
3年前、FAS阻害薬ができました。
この薬でたった1日でがん細胞が破壊されて数が大幅に減っていました。
FASだけを標的にする全く新しい治療方なんです。
正常な細胞には影響がないので副作用がおきないというのはとてもすばらしいことです。
ガン細胞をなくすためとは言え、その反動でくる副作用は個人差はありますがつらいものです。
副作用がないなんて画期的な薬ですよね。
臨床試験の準備が進められている段階です。
これが日本にくるのにも時間はどれくらいかかるのでしょうか。